シームを付けて自動展開されたUVを編集していく。

UVの編集

二分割されたUV/画像エディター画面の方にカーソルを乗せてShiftスペースキー を押すと一分割になる。
(再び二分割に戻すときは Shiftスペースキー か 上部の[戻る]ボタン )

10_thumb

UVの上にカーソルを乗せてLキーを押すと、つながったUVだけが選択される。
Select3島選択モード左端) でもつながったUVを選択できる。

回転(Rキー)や移動(Gキー)で、UVの向きや位置を整える。


溶接/整列 Wキー

メッシュの中心(X軸が0)にあたる辺を選択(ループ選択 Altキー+RMB右クリック)

11_thumb

Wキー > 自動整列 をすると、選択した辺がまっすぐに揃う。


ピン止め Pキー

整列した辺(頂点)にピン止め[UV]メニュー > ピン止め / P キー)をする。

12_thumb

ピン止めをした頂点は、展開してもその場で固定される。


一通りピン止めをしたら、再び展開(Eキー)を行う。

13_thumb

ピン止めと展開を繰り返して形を整えていく。


プロポーショナル編集 Oキー

頂点の移動には[プロポーショナル編集]が使える。
プロポーショナル編集は、メタセコでいう[マグネット]と同様の機能。
滑らかな頂点移動ができる。

14


プロポーショナルを有効化して形を整える。

15

プロポーショナルの影響範囲は、Gキー+MMBホイールで変えられる。


最小ストレッチ CtlrVキー

形が崩れてきたら、修正したい面を選択して
[UV]メニュー > 最小ストレッチ (CtlrVキー)

16

じわじわリラックスされていく。
決定(LMB左クリック)をする前に、MMBホイールでリラックスの効果を調整できる。

UV/画像エディター側の プロパティシェルフ(Nキー) : UV : ストレッチ にチェックを入れると
メッシュと比較してUVの歪み具合が視覚的に確認できる。

17

かなり歪んでいるが、前見頃と後見頃の柄を合わせることを優先させた。

メッシュの一部のみUV展開

今の状態だと、全メッシュが選択されているため、
ピン止め→展開をするたびに、修正したUVまで再展開されてしまう。

UV/画像エディターのヘッダにある同期ボタンを押して同期を有効にする。
UVとメッシュで、お互いの選択状態が同期する。

19

再展開するUVを選択する。メッシュ側でも、そのUVを持つ頂点が選択される。

20

同期状態だと、つながったUV選択に便利なリンク選択(Lキー)や 島選択モードが使えない。
矩形範囲選択(Bキー)や 投げなわ選択 (Ctrl + LMB左ドラッグ)、円選択(Cキー)を使う。

選択したら [展開]Eキー)する。
選択部のみ、UV展開が行われる。


アクティブ四角形面に追従

襟の部分は横一列にまっすぐに整えたいので、「アクティブ四角形面に追従」機能を使って整形する。

同期状態で、襟のUVだけを選択する。
21


同期を無効にして、UVの一つを縦横まっすぐに整えて長方形にする。
その長方形を選択状態で、3Dビュー側で Uキー を押し 「アクティブ四角形面に追従」を選ぶ。

23

  • [メッシュ]メニュー > UV展開 > アクティブ四角形面に追従
  • ツールシェルフ > シェーディングUV : UV : 展開ボタン > アクティブ四角形面に追従

からも選択できる。

[辺の長さモード] を選ぶポップアップが出る。

24

長さの平均を選んで [OK]ボタンを押す。


25

選択された四角形面とつながったUVが、均等な四角形に整形される。


次は、ミラーリングした左右対称のUVを作成する。