Blenderのスカルプト

スカルプトモード「スカルプトモード」から行える。
さまざまなブラシを使って、ペンで描いたり彫刻刀で削ったりするように、メッシュを変形させていく。
ペンタブレットの筆圧感知に対応している。

覚えておきたいショートカット

ブラシの半径Fキー
ブラシの強さShift+Fキー
テクスチャの回転CtrlFキー
ダイナミックトポロジー : Ctrl+Dキー
X 方向に対称Xキー
Y 方向に対称Yキー
Z 方向に対称Zキー
多重解像度 の細分化レベルを1つ上げるPage upキー
多重解像度 の細分化レベルを1つ下げるPage downキー


ブラシの種類

複数のブラシが用意されている。
Shiftキーを押している間はスムージングに、Ctrlキーを押している間はブラシの効果が反転する。

Blob Blob [ブロブ]

泡ぽこぽこ。

Brush Brush [ドロー] Xキー

普通のブラシ。

Clay Clay [クレイ] Cキー

もこもこ。

ClayStrips Clay Strips [クレイストリップ]

細いもこもこ。

Crease Crease [クリース] Shift+Cキー

鋭い切れ込み。

Fill Fill/Deepen [面を張る]

凹みを埋めて平らに。

Flatten Flatten/Contrast [平面化] Shift+Tキー

平らに均す。

Grab Grab [ひっぱる] Gキー

頂点を滑らかに動かす。

Inflate Inflate/deflate [膨らます] Iキー

膨らむ/すぼまる

Layer Layer [レイヤー] Lキー

漆喰のような厚塗り。

Mask Mask [マスク] Mキー

塗った箇所を保護。

Nudge Nudge [ナッジ]

指先ツールのように伸ばす。

Pinch Pinch/Magnify [つまむ] Pキー

つまんで狭める/広げる。

Polisih Polish [ポリッシュ]

磨く?Flatten(平面化)の仲間。

Scrape Scrape/Peak [こする]

こする/とがりを押し込む

SculptDraw SculptDraw

Brushとの違いがわからない

Smooth Smooth [スムーズ] Sキー

滑らかにする。

SnakeHook Snake Hook [スネークフック] Kキー

ブラシの動きで頂点を動かす。

Thumb Thumb [指]

平らに頂点を動かす。

Twist Twist [回転]

頂点をねじる。


ツールパネル

ツールシェルフの各パネルから、スカルプトの細かい設定ができる。


ブラシ

ブラシ半径 Fキー : ブラシの半径。単位はピクセル。
強さ Shift+Fキー : ブラシの強さ。
自動スムーズ : ストロークが滑らかになる。
スカルプト平面 : ビューの角度や軸方向にブラシが影響する。通常は“エリア平面”で。
前面のみ : 見えている頂点のみスカルプト。
追加 : 凸効果
減算 : 凹効果
蓄積 : 上塗り。塗った分だけ盛り上がる。

数値の横の筆圧感知ボタンを押すと、タブレットの筆圧感知が有効になる。
ブラシ名横の「2」ボタンを押すと、
カスタムした現在のブラシを新しいブラシとして保存できる。



テクスチャー

テクスチャをブラシにできる。
新規ボタンで作成したら、プロパティエディタの[テクスチャ]タブから画像を読み込む。

テクスチャー

ブラシマッピング : マスク・ランダム・3Dなどがある。通常は敷き詰めタイプのタイル状で。
角度 CtrlF キー: テクスチャを回転させる。
オフセット : テクスチャマップの位置を調整
サイズ : テクスチャのスケーリング


Load Brush images

テクスチャ画像の読み込みは
“Texture Paint Layer Manager”アドオンを有効にしていると表示される
[Load Brush images]パネルからが手っ取り早い。

テクスチャーの効果
▲テクスチャの効果を出すには、メッシュをかなり細かくする必要がある。


ストローク

ストローク ストローク方法 : ドット・空間・エアブラシなどがある。
ストロークの補完:手ぶれ補正。ブラシを動かして、補正された後に描画される。
ジッタ : 描画中にブラシをランダムに揺らす。



カーブ

カーブ ブラシの硬さを調整する。
下のボタンに、いくつかのプリセットが用意されている。



トポロジー

“ダイナミックトポロジー”は、スカルプトした部分のメッシュを細分化する。

トポロジー ダイナミック有効化/無効化 Ctrl+Dキー : 通常のスカルプトとダイナミックを切り替える。
細部のサイズ Shift+Dキー : 分割される辺の最大値。
スムースシェーディング : メッシュをスムージング(滑らか)表示する。
対称化 : このボタンを押すと、指定軸方向にメッシュが対称化する。



ダイナミックトポロジー
▲ダイナミックトポロジーを有効化。ブラシをなぞったところから細かくなっていく。


対称 / ロック

対称 / ロック ミラー : ローカル軸に対してミラーリング編集ができる。
X ボタン Xキー : X方向に対称
Y ボタン Yキー : Y方向に対称
Z ボタン Zキー : Z方向に対称

フェザー : 対称側と重なる部分(中央付近など)のブラシ強度を弱める
固定 : その軸の変形を禁止する。




参考リンク