ミラーモディファイア

プロパティ > モディファイア > ミラー

MirrorModifier_aMirrorModifier_b

指定した軸(X,Y,Z)を基準に、反対側へミラー(鏡面)コピーする。

MirrorModifier

軸:
ミラーの基準にする軸。複数選択可。

オプション:
結合
結合距離で指定した数値以下のミラー頂点をくっつける。
クリッピング
頂点がミラー側を超えないように制限する。
頂点グループ
頂点グループにしたがってミラー化
“R”や“L”などの接尾語の付いたグループを予め用意し、ミラー側のグループは空である必要がある。

テクスチャ:
ミラー側のUVをミラー反転する。

ミラーオブジェクト
ミラー軸に使うオブジェクト。このオブジェクトの中心と軸でミラー化される。

ミラーモディファイアの適用はオブジェクトモードでなければできない。


Xミラー

ツールパネル > メッシュオプション > Xミラー にチェック

XMirror

X軸を基準に、左右対称にメッシュを編集(左右同時に頂点が動く)

XMirror_Edit完全にシンメトリ(左右対称)な頂点しか編集できない。


トポロジーミラー

ツールパネル > メッシュオプション > トポロジーによるミラー
Xミラーにチェックが前提で機能する。
多少の誤差も自動で左右対称とみなして編集できる。


対称にスナップ

メッシュメニュー > 対称にスナップ Wキー(スペシャル)

Snap to Symmetry aSnap to Symmetry b

実行すると、左右対称なメッシュに修正してくれる。
Xミラー編集前にしておくのが有用。

Snap to Symmetry


オプション
方向 : 対称の基準とする軸と方向
しきい値 : 対称とみなす程度
強さ : ミラー位置となる対称の割合?0.5で均等
中心 : 中心軸の頂点をゼロ位置に


対称化

メッシュメニュー > 対称化 Wキー(スペシャル)
選択したメッシュを指定軸で分割しミラーコピーする。
Metasequoiaの「面の鏡像を作成」に似ている。
分割された頂点は(繋がっていれば)結合され、軸をはみ出したものは削除される。

Symmetrize Mesh a1Symmetrize Mesh b1
△軸から反対側へ超えていない状態で対称化。

Symmetrize Mesh a2Symmetrize Mesh b2
△軸を基準に反対側に飛び出した状態で対称化。


ミラー

メッシュメニュー > ミラー > 指定軸 Ctrl+MX,Y,Zキー(キーを押す毎にローカルとグローバルに切り替わる。スペースか左クリックで確定)

Mirror aMirror b

ピボットの位置を基準にメッシュをミラー反転する。
法線まで反転して面が裏返る。実行後Ctrl+N(法線を外側に)をすること。
「ミラー」という名前が非常に紛らわしい。対称化ではなく、左右反転なので注意。



参考リンク